Out of Focus*

タウンウオッティングノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラピート




昨夜外出時に撮ったが、

我が家の前から電車に乗ると
15分内外で南海電車の終着駅『難波』に着く。
ラピートは其処から関西空港まで走行しているが、
一番早い列車だと空港まで33分で到着。する。

ロボットのような形の列車は何処にも類を見ないだろう?
アニメ漫画のロボット鉄人28号のようだと
云われるが
車内のデザインは航空機の内部ようである。
楕円形の窓から見える車外は趣が違うだろうか?

ラピート(空港行き特急)



難波駅のホームからすぐ側の
昨日掲載したの屋上庭園・難波パークスへと続く。


パークス

スポンサーサイト
  1. 2006/03/31(金) 16:32:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋上庭園



大阪の難波パークスは
昔此処に大阪球場が有った所です。
近年ショッピングモールに立ち代りましたが
まだまだ南がわにシネマホール等が増設中です。
其のおくには
今月の初めヤマダ電機が新しく開店いたしました。


このショピングモールの屋上は
都会のど真ん中のオアシスとしてここを訪れる人々の
格好の憩いの場所を提供されている屋上庭園があります。


はなぞの



今日は庭園のお花を教材にしてニューカメラの練習をしました。
上手く行くかな?



黄色



あせび
【あせび】

もも
【もも】


おれんじ



あかむらさき



ラベンダー
【ラベンダー】
高原で群生の様を見てみたいなぁ~~。


なんってお名前かしら?



おおいぬのふぐり?

【おおいぬのふぐり】何処からネーミングされたのかしらね?
もう一枚


   


ショッピングモールの一部

  ショッピングモールの一部です。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/03/28(火) 19:09:25|
  2. ある日に
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

続々・高野山



ファイルに眠っていた
高野山の記録をやっと引っ張り出しました。
アトランダムに並べちゃうかな?
画像の説明は追って挿入進行。


kouya1


六時の鐘・
伽藍の入口の高い石垣の上にある。
福島正則候が父母の追善菩提を祈って元和4年(1618)建立した。
寛永胝7年(1640)焼失したため、同12年(1645)正則の子、
正利によって再鋳された。
鐘銘の仮名まじり文が有名である。
現在でも、午前6時より午後10時までの偶数時に時刻を山内に知らせている



高野山の壇上伽藍の数々
kouya2


東塔
白川上皇の発願により1127年に建立。
天保14年(1843)の大火で焼失、昭和59年に再建。


kouya3


大会堂・向こうは愛染堂・根本大塔と続く


kouya4


「御影堂」
秘仏の弘法大師像(肖像画)などを安置していて、
内部は通常非公開だが、
旧3月21日の大師旧正御影供には内部が公開される。。
正面15×奥行き10mの宝形造り、桧皮葺。
現在の建物は1847年の再建。


mikagedankan

「御影堂」の木彫欄干
御影堂は 壇上伽藍のなか根本大塔の左隣です。
かって、弘法大師が勉強部屋にされていたところです。


kondou

「金堂」
金堂はもと講堂と称して、弘仁10年(819)に創建されましたが、
その後、昭和元年12月26日未明の火災により、
本尊諸仏が金堂と共に焼失してしまいました。
現在の金堂は、昭和3年に起工し、昭和7年に完成しました。
様式的には木造仕上げの純日本建築ですが、
耐震耐火を考慮し、鉄骨鉄筋コンクリート構造で建てられています。
たびたび火災にあい、
現在の金堂は7度目の再建(昭和9年)だそうです。


daitou

根本大塔の前に

kouya7
根本大塔
高野山のシンボルとも言うべき根本大塔、
弘法大師は高野山開創後、
この大塔を真言密教の象徴として建立したので、
根本大塔と呼ばれています。
再三、落雷等の火災にあい現在の大塔は、
昭和12年に再建された鉄筋コンクリート製で高さ48.5mです。


御影堂から
バックに根本大塔の朱を拝借。

kouya9
手前が『御影堂』其の奥が『根本大塔』

rokkaku

六角経蔵
お経を収める蔵(くら)なのですが、
その形が六角錐(六面)であることから「六角経蔵」と呼ばれています。



kouya12

西塔
真然大徳が仁和3年(887)に建立しましたが、
何回も焼け現在の建物は5度目の天保5年(1834)の再建。
本尊の金剛界大日如来像は開創当時の立派な作で、
重要文化財となっています。
大きな木の間から、見える姿は、とても、優雅です。


seizenen


西禅院
別格本山西禅院は親鸞上人が修行された古跡坊で、
同上人ご自作の尊像を安置する由緒深いお寺です。
また当院は壇上伽藍に隣接しており、
大塔・金堂・御影堂等を樹間に見る静寂境に位置しています。
宿泊施設としては大小30余りの客室を有し、
四季を通して快適にご宿泊いただけます。
  1. 2006/03/24(金) 10:42:34|
  2. サークル会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

高野山・金剛峰寺

先日の高野山の画像整理が遅れていました。

標高1000メートル山々に囲まれた平坦地に連綿と続く
歴史あるお山の一山の総称でもある金剛峯寺の建物は、
以前は「青厳寺」と呼ばれ、太閤秀吉公が御母堂の菩提のために、
当時の座主(金剛峯寺の住職)應其上人に命じて建立させたものです。
その後、明治に入り青厳寺の名を他に移し、
金剛峯寺と呼ばれるようになりました。(和歌山県重要文化財)
金剛峰寺
 総本山金剛峯寺の山門です。

本殿
本殿

大屋根a


屋根飾り



欄間飾り


鐘撞


山門の内がわ



横手門

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2006/03/16(木) 11:38:22|
  2. サークル会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

芦屋川ウオーキング

昨日晴天に誘われて訪問した友人宅から
芦屋川をウオーキングしました。


芦屋川

芦屋川から六甲連山?

教会

カトリック芦屋教会

マリア



クリスマスローズ

クリスマスローズ

まんさく

まんさく

マーガレット
マーガレット 



芦屋神社



歩き始めに芦屋神社にもお参りして来ました。
昔、ここは芦屋村の一番北の外れだったという。
昭和のはじめ頃までは、神社の裏山はうっそうとした森だったそうな。
旧芦屋村の氏神です。他の村との山争いの際には、住民がこの芦屋神社の境内に集まって決起・団結の集会を開いたそうです。

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/03/08(水) 12:49:54|
  2. ある日に
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

高野の火祭り

昨日高野山行く機会に恵まれて
偶然に春を呼ぶ高野の火祭りに遭遇できました。
週末からの冷え込みから山頂は雪化粧で
空は晴天最高のドライブ日和で常の精進に感謝。合唱。


 

高野山は弘法大師 空海が、弘仁7年(西暦816年)に
嵯峨天皇より高野山開創の勅許を得、真言密教の根本道場として
お開きになられました。
数年後には開創より1200年を迎える弘法大師様の御教えの
標高1000メートル前後の山々に囲まれた平坦地
連綿と続く歴史あるお山です。
 おふれ
山伏さんが火祭りのおふれを町中ほらを吹いて回ります。


おなり
おなり~~!
これから儀式の始まりです。



弓
四方に弓を放つ儀式


鉞



儀式
儀式の始まりを唱えます

点火
点火を見守る


燃えた燃えた


燃えた!燃えた!


立ち上る炎

高く立ち上がる炎を儀式の間2時間以上もお坊さんたちはお経を唱えながら見守り続けました。
 
 
  1. 2006/03/06(月) 20:51:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

高津の宮・花木公園

次男の住む町谷町の近くに梅の公園が有ります。
毎年今時分には満開なのにまだひっそりとしていました。

ここ高津の宮は古代史の中で
仁徳天皇が、難波の質素な萱葺きの高津の宮で、高台に登ってみたが夕飯時にも拘わらず飯を炊く煙がみえないと、3年間税と役をやめた。
「たかき屋にのぼりてみれば煙立つ 民のかまどはにぎわいにけり」
といった所だそうですよ。
何だか大昔歴史で習ったような事がおぼろげに思い出します。
でも今回はただただ花木の公園を楽しませて頂きました。


高津宮


古城

古城


桃の花のよう?

ピンク


枝垂れも綺麗でしょ?

枝垂れ


こんな立て札が有りました。

説明


白梅


ピンク


ピンク

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/03/02(木) 19:51:04|
  2. ある日に
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2カウンター


FC2ブログランキング

参加しています。
応援お願いしますね。

FC2ブログランキング

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。