Out of Focus*

タウンウオッティングノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

散歩道


梅雨の晴れ間に
日の陰った頃を見はらかって散歩に出た。
先の大雨の時は嬉しそうだった紫陽花も
流石に暑さに今日はゲンナリとしてアラカンサス

主役はアガパンサスに譲っていた。 


ひと休み

アガパンサスに蝶がひと休み


此処もアラカンパス

此処もアガパンサスが一杯


紫陽花

紫陽花もあと一分張り。

アメリカでいご

帰り道でアメリカでいごみっけ!


コエビソウ

コエビソウ


黄花コスモス

黄花コスモス じゃぁ無いそうな、オオキンケイギク
外来物の品種で他の植物が負けるらしい。
琵琶湖のブラックバスのようなものかな?
「T」さんのSiteで教わっちゃった。有り難う。m(__)m


ランタナ

ランタナ


今日の散歩はこれThe END です。






スポンサーサイト
  1. 2006/06/28(水) 18:27:31|
  2. ある日に
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長居公園の花菖蒲

長い植物園

先日アジサイ園の帰り花菖蒲も愛でまし
た。
いずれがアヤメ?カキツバタ?と言う言葉が有りますが。
あやめは水に関係のない野原に群生し
カキツバタは湿地帯に咲きます。
では花菖蒲は?カキツバタより背も高く花弁も華やかで
内花被片が大きくなり反曲するものが多いそうですよ。
そして水辺など湿った場所に群生します。

ハナショウブは花が大きいことや,
色は紫(青紫,赤紫)や白が多いということなので,
比較的容易に見分けられると言う事です。






菖蒲1



菖蒲2




菖蒲3




菖蒲4



菖蒲 5

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/06/22(木) 13:17:16|
  2. ある日に
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コンサート

夜のいずみホール
夜のいずみホール


昨夜、縁有って大阪ビジネスパークにある
いずみホールでソプラノ歌手『渡辺千賀子さん』の
コンサートに行く事ができました。

急に頂いたチィケット二枚
昼には義妹の49日と重なって折角のチィケットの
同行者を見つけることが出来ないまま、
単独で  『Goo
中に入ってびっくり!最前列のど真ん中
天性のベルカント(美しい歌声)を正真正銘のかぶりつきでした。

第一幕は
日本の歌曲十一曲。
私も口ずさめる思い出の歌曲の数々。
第二幕は
モーツアルト:オペラ『フィガロの結婚』より
”愛の神よ、照覧あれ””楽しい思い出はどこへ”

ベッツリーニ:オペラ『カプレーテとモンテッキ』より
"おお幾たびか”
ベッツリーニ:オペラ『ノルマ』より
”清らかな女神”

プッチーニ:オペラ『トスカ』より
”歌に生き、愛に生き”
プッチーニ:オペラ『トゥーランドット』より
”氷のような姫君の心も”
(オリンピックでアイススケートの荒川静香さんで親しんだ演曲)


と2時間余たっぷり『ベルカント』を楽しませて頂きました。

人気商売の芸能界では部落出身を一部隠すのが通例ですが
渡辺さんは「ダーティ・イメージ」を「プラス・イメージ」に
払拭し広大のために頑張られている部落出身者です。

ベルカントの響きはそんな下世話とは無縁ですね。




『ブラバー




かぶりつき
かぶりつきから演奏前


ピンボケだ~
CD販売サイン会で(アレレ・・ピンボケだ~)(>_<)
この日彼女の47回目のお誕生日。
お若くて美しい。
おめでとうございます。






大阪城夜景
コンサート後大阪城公園散策



お堀端

午後10時前、アベックしか居ませんでしたが一人旅は

チョット不気味な夜の大阪城内を急ぎ足でお堀端を後にしました。
あ~しんど。





  1. 2006/06/15(木) 10:50:18|
  2. ある日に
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

三宝下水処理場の紫陽花。


昨日姉からの情報でラジオで紫陽花情報を聞いたよって
教えられました。
大和川の下流にある下水処理場で紫陽花の一般公開が
有るとの事。
今日は雨が降るかしら?と思ったけど
大好きな紫陽花が見られるならと出かけました。

私は今回が初めてですがもう16年も前から
公開をして居るそうな。
下水処理場を小学生等の見学の為に場内を綺麗にして
上げようと始めたのがきっかけだそうです。
紫陽花は下水処理した水を使って育てています。
最初は100本から始まって今では50品種、
1000本の株に増えたそうです。
とても綺麗でした。

三宝下水処理場の紫陽花


あじさい




赤

[三宝下水処理場の紫陽花。]の続きを読む

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/06/10(土) 02:10:55|
  2. ある日に
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

『沢庵寺』(宗鏡寺)


宗鏡寺
別名『沢庵寺』沢庵の名園や復元された庵がある
入佐山のふもと、山名氏の菩提寺として
明徳3年(1392年)山名氏清によって創立されました。
寺名は氏清の法号、宗鏡寺殿から名付けられた
とも言われています。
しかし、山名氏滅亡後、寺は荒廃してしまい、
元和2年(1616年)沢庵和尚が、
出石城主小出吉英に再興をすすめ、
以後歴代の藩主の加護を受けてきました。
沢庵手造りの名園があり、
昭和43年には、沢庵が庵を建て
静かに生活を送ったとされる投渕軒が復元されています。
沢庵和尚ゆかりの寺として「沢庵寺」とも呼ばれている。 


宗鏡寺山門
宗鏡寺山門
山門左側の土塀(左右対称)
縮小して焼かれた本堂の瓦が埋め込まれている。



本殿
本殿



本殿から
本殿の鬼瓦



中庭
中庭
沢庵作の庭園(県指定文化財)等沢庵和尚にまつわる品等が数多く残されており、一見の価値はある。



本殿から
本殿から茶室に通ずる



茶室から
茶室から本殿を見る。



茶室
沢庵和尚ゆかりの茶室 対来閣



心
沢庵和尚考案の庭
池の中に『心』と言う文字が埋め込まれているとか?



夢見の鐘へ
夢見の鐘へ通ずる坂道。



夢見の鐘
夢見の鐘に辿り着きました。


何だろう
なんだろう?


和尚の一生を通じて三十有余年間、
一番親しまれたのは古里出石の宗鏡寺で、
境内の「投淵軒(とうえんけん)」の投淵の二文字こそ、
和尚の清潔さを後世に伝えるもである 
夢見の鐘・2
夢見の鐘の鐘です。



もみじ
山門に映えるもみじが美しかった。



  1. 2006/06/03(土) 01:29:58|
  2. 歴史街道の旅
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

FC2カウンター


FC2ブログランキング

参加しています。
応援お願いしますね。

FC2ブログランキング

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。